YMCAの水上安全

ひとりひとりの生命を大切に…

私たちは、すべてに優先するかけがえのない生命を大切にしています。YMCAのスイミングクラスは、このかけがえのない生命を守り育むことを目的に毎年6月~9月にかけて、ウォーターセーフティキャンペーン(水上安全キャンペーン)を実施しています。

2019年度の実施報告はこちらをご覧ください


着衣泳講習会

水難事故から身を守るために、衣服を着用して水の中に入ります。溺れてしまったらどうしたら良いかよりも、溺れないためには、何を注意したら良いかということを体験して学びます。児童や学校教職員の方を対象に着衣泳講習会も実施していますのでお問い合わせください。

普通救命講習会・心肺蘇生法

救急法や心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)の使用方法について講習会を実施しています。学校教職員の方を対象にした講習会も実施していますのでお問い合わせください。

水上安全ハンドブック・ポスター

お子様にわかりやすく、水の安全について理解を深めていただくために、ハンドブックやポスターを作成し、配布、掲示をしています。

2020年度ウォーターセーフティーハンドブック
2020年度ウォーターセーフティーポスター

横浜YMCAでは全てのプールにAEDを設置しています。

AEDとは、自動体外式除細動器のことです。
心臓発作や脳卒中で倒れてしまったり、事故等で心停止に陥った場合、ただちに心肺蘇生法を実施することと同時に、状況によって心臓に必要な電気ショックを与え正常な拍動にもどしていくことが必要とされます。この際、電気ショックに使われる機械が「AED(自動体外式除細動器)」です。