ウクライナ支援募金

YMCA stands for peace; YMCA works for peace

~YMCAは平和を希求し、平和のために働く~

 

3月初旬、日本で暮らすウクライナ人から母親を呼び寄せたいとの相談から始まった日本YMCA同盟・ヨーロッパYMCA同盟・ウクライナYMCAとの連携による避難民支援は、6月15日現在、57組 130名の支援につながっています。避難者の受け入れ支援と同時に、今後は就労や教育など生活を中心とした長期のサポートが必要になります。この活動のために横浜YMCAでも支援募金を受け付けています。

ウクライナにいる家族の命、これからの生活、子どもの教育など、大きな不安の中にいる人びとが少しでも安心して過ごせるよう、また、本国や近隣諸国で避難生活を続ける人びとのためにご協力をお願い申し上げます。

私たちは、戦禍の中にあってウクライナの人びとの命が危険にさらされていることに深く心を痛めています。いっぽうで、ロシアにも平和を願う人びとがいることを私たちは忘れていません。また、私たちの身近な地域に住むロシアにつながる人々が攻撃やヘイトの対象となることを、私たちは望みません。横浜YMCAには、ウクライナ、ロシアそれぞれにつながる人がいます。このことを心に留め、ともに生きる仲間のことを想い、一日も早く平安が訪れることを願っています。

◆募金の使途

■使途1
・日本に避難しているウクライナの人びとの日本国内での生活の支援、教育機会の提供、コミュニティーづくりの支援を行います。
※使途1は、横浜YMCAが主体となって支援活動を行います。

■使途2
・現地YMCAが本国及びウクライナから近隣諸国で避難生活をしている人びとの支援を行います。
・日本への避難を希望するウクライナの方とご家族等の呼び寄せを希望される方に、出国から来日と来日後のトータルなサポートとケアを行います。
※使途2は、日本YMCA同盟が加盟する世界YMCA同盟とヨーロッパYMCA同盟、現地YMCA、また、日本全国のYMCA、関係機関・団体と連携して行っています。

生活支援をうけたウクライナの人びとからのメッセージ

安心して勉強できることに
感謝しています。

大学を卒業したら大学院へ進むつもりだったけれど、今はそれが難しくなってしまったのでとにかく日本語を勉強します。大学院に進むか、それとも日本でもっと勉強するか、もう少ししてから考えたい。いまは安心して勉強できることに感謝しています。

 みなさんのサポートのおかげで
心が楽になりました。

子どもを頼り避難してきたけれど、同居して孫の部屋をとりあげ、お金も貸してもらってと、つらくて、申し訳なくて、肩身が狭かった。今はみなさんのサポートのおかげで自分の場所、自分のお金があって、ほんとうに心が楽になりました。

子どもたちの成長するための
チャンスをいただきました。

子どもにスイミングとアートを習わせたい。その費用や、クラスで必要なものなどを購入します。子どもたちの成長するためのチャンスを提供していただきました。夫と両親は今もウクライナにいます。彼らも、私たちが日本で経済的に安定する基盤を与えてくれたことにとても感謝しています。


 

【報告と最新情報】

随時更新しております。(最終更新:2022.6.9)

2022.6.9

The 4th Youth Conference hosted by Yokohama YMCA
ウクライナを知ろう

連日、日本でもロシアとウクライナ情勢について多くの報道がされています。
しかし、実際ウクライナの人々がどんな文化を持ってどんな生活をしていたかについて考える機会は限られています。
ウクライナから日本に来て、現在日本語を学んでいるユースにウクライナについて詳しくお聞きするプログラムです。

The 4th Youth Conference hosted by Yokohama YMCA ウクライナを知ろう

ウクライナ支援募金

「ウクライナ支援募金」のお支払いページです。 This is the page of fundraising for support Ukraine.

※一口100円単位でご寄附いただくことができます。 You can donate in units of 100 yen per unit.

※1,000円は数量を「10」に設定してください。 If you'd like to donate 1,000 yen, please set the quantity to (10).

¥100

 

対応クレジットカードとデビットカード


VISA/Master Card/Amex/DISCOVER/JCB/Diners Club が使用できます。