YMCAでは、公教育以外のオルタナティブ(もう一つの、別の選択)な学習の場、そして子どもたちの「居場所」を提供しています。

>横浜YMCA発達・教育支援サイト

学習支援・ソーシャルスキルトレーニング

横浜YMCAは1884年の創立以来、青少年のよりよい成長を願い、神奈川県内において多くのプログラムを展開してきました。学習面や社会性、コミュニケーションの面で配慮が必要な子どもたちを対象に、1995年の横須賀YMCAを皮切りに、横浜北YMCA、湘南とつかYMCA、藤沢YMCA、と支援の輪を広げています。

実施内容

  • トライアングルクラス

発達障がいのある子どもたちのための支援クラスです。学校の補習ではなく、社会で生きていくために必要なスキルを身につけることをねらいとしています。プリントを使った個別学習と小グループでのソーシャルスキルトレーニングを行っています。年齢やソーシャルスキルの課題等によって、4~5つのクラスに分かれて指導を行います。
「勉強は苦手」「お友だちの仲間に入れない」「きちんと言葉で伝えられない」・・そんなお子さんに寄り添い、「わかった」「できた」「たのしい」という体験を重ねてもらいます。

 

  • フレッシェンクラス

学習面に遅れのない年長~中高生を対象とした支援クラスです。年齢や学年別にクラスを分けて指導を行います。「友だちと相談して・・」とか「自由にまとめてみよう」と言われると、どうしたらよいのかわからない・・フレッシェンクラスはそんな子どもたちのためのクラスです。
フレッシェンクラスの集団学習では「教科書をみんなと一緒に音読する」「調べ学習への取り組み方を練習する」など学校の授業の中で必要となってくるスキルを学びます。
ソーシャルスキルトレーニングの時間には、基本的な遊びだけでなく、みんなで相談して何かを作り上げていくことも大切にしながら、ずっと付き合っていくことのできる友だち関係を育てていきます。

 

  • スマイルクラス

「集団行動」や「人と接する」ことが苦手な、ソーシャルスキルに課題のある小学生から高校生のための支援クラスです。グループでの活動がベースとなっています。
小グループに分かれて、友だちとの相談や話し合いを中心としたゲーム、また体を使ったルールのあるスポーツやゲームに取り組み、社会性やコミュニケーション能力を伸ばしていきます。それぞれのクラスごとに取り組む課題は異なりますが、どのクラスでも「友だちと話し合って決める」「協力してやり遂げる」ことを大切にしています。
毎回のクラスではプリント教材を使って、基本的なマナーやスキルを学習します。「やってよいことか・悪いことか」だけではなく、「なぜやってはいけないのか」「どうしたらよいのか」をお互いの意見を聞きあいながら学んでいきます。

 

  • バランスアップクラス

発達障がいのある子どもたちのための体育クラスです。基本運動から、学校体育種目にチャレンジする、幼児から小学生を対象にしたクラスです。基本的な体の使い方を学びながら、さまざまな運動種目にもチャレンジをしていき、学校体育への自信につながることを願っています。同時にグループワークを通じてソーシャルスキルを身につけていくこともこのクラスのねらいです。
「学校の体育の時間は、上手にできないからイヤ」「しゃべってばかりで怒られるから嫌い」「ルールがよくわからないからやりたくない」・・・そんな声をよく聞きます。子どもは元来、体を動かすことが大好きです。しかし、様々な要因が子どもたちの「動きたい」欲求を妨げることがあります。「バランスアップクラス」では子どもたちとゆっくり向き合い、ほめることで自信をつけ、身体を動かすことが好きな子どもたちを育てていきたいと考えています。

社会参加・自立・就労支援

2007年4月、横浜YMCAは青年期・成人期を迎えた発達障がいのある人たちへの支援をスタートさせました。それが「横浜YMCAワークサポートセンター」と「トライアングルクラスSTEP」です。「社会参加」「自立」「就労」を目指し、トライアングルクラスが培ってきた様々なノウハウを生かしてサポートを展開しています。

実施内容

  • 横浜YMCAワークサポートセンター

横浜YMCAワークサポートセンターは、横浜市地域活動支援センター障害者地域作業所型として開設しています。

 

  • トライアングルクラスSTEP

人と関わるのが苦手、雑談がむずかしい、コミュニケーションがうまくいかなくてどうしたらいいか困っている。そんな発達障がいのある方のためのクラスです。

横浜YMCA教育相談センター

「ほかの子に比べて発達が遅い」「友だちとのコミュニケーションがうまくいかない」「どこに相談をしたらいいのかわからない」…そんな時にご相談ください。
現在 横浜YMCAでは発達障がいの子どもたちの学習・ソーシャルスキル・体育をサポートするトライアングルクラスを展開しておりますが、一般の保護者の方からのご相談も多く寄せられるようになりました。
そこで、当センターでは、家族の思いや子どもたちの心の声を受け止めた支援を行い、誰もが自分らしく生きていくことを願って「発達相談」「セミナーの企画・実施」「巡回相談や研修委託」の3つの活動を展開していきます。

実施内容

  • 発達相談
  • セミナー
  • 巡回相談・研修委託

支援ボランティア・指導者研修

横浜YMCAでは、県内4カ所で学習面や社会性、コミュニケーションの面で配慮が必要な子どもたちのためのサポートプログラムを行っています。そしてそれぞれのYMCAのプログラム運営は多くのボランティアによって支えられています。学生をはじめ社会人から主婦まで、それぞれの子どもたちの特性を理解し、特性に合った支援をサポートしてくださるボランティアの方を随時募集しています。

実施内容

  • 個別学習支援
  • ソーシャルスキルトレーニング支援
  • キャンプのボランティアリーダー

児童発達支援事業「YMCA児童発達きくな」

児童福祉法に基づくサービスです。早期に必要な指導をうけ、将来的な負担を軽減するために障がいの有無にかかわらず幅広く利用されています。国と自治体の給付により、ご利用料金の1割のご負担でご利用いただけます。

実施内容

  •  体操セットクラス
  • プールセットクラス
  • 体操クラス(バランスキンダー)

児童発達支援事業・放課後等デイサービス「YMCA児童発達支援あつぎ」

児童福祉法に基づく障がい児通所施設です。厚木YMCA子ども館内に2017年4月に開所しました。幼児期のお子さま(児童発達支援)と小学校1年~高校3年までのお子さま(放課後等デイサービス)を対象とする多機能型の施設です。利用には、自治体の受給者証の交付が必要です。

実施内容

  • 体操クラス
  • 水泳クラス
  • 個別療育
  • グループ療育(SST)

児童発達支援事業・放課後等デイサービス「YMCA児童発達支援ふじさわ」

児童福祉法に基づく障がい児通所施設です。藤沢YMCA館内に2018年6月に開所しました。幼児期のお子さま(児童発達支援)と小学校1年~高校3年までのお子さま(放課後等デイサービス)を対象とする多機能型の施設です。利用には、自治体の受給者証の交付が必要です。

実施内容

  • 体操クラス
  • 水泳クラス
  • 個別療育
  • グループ療育(SST)