横浜YMCAでは、施設利用者のご協力によるマスク着用、手洗い、手指の消毒に加えて、施設管理においても日常的な消毒清掃、扉や窓の開放、空気清浄機の設置等の感染予防対策を行っております。

新型コロナウイルス等の感染症予防の管理、指導を引き続き徹底し、会員の皆様、保護者の皆様が安心してプログラムにご参加いただけるよう、安全な環境づくりを徹底して取り組んで参ります。

会員の皆様、保護者の皆様につきましても感染症予防に取り組んでいただき、安心してプログラムにご参加いただける環境づくりにご理解とご協力をくださいますようお願いいたします。

安心してクラスにご参加いただくための取り組み(随時更新)

【クラス前】

・自宅で検温をしていただき、健康チェックノートに記入して持参してください。

・来館いただきましたら手指消毒をお願いいたします。

・オリエンテーションは実施いたしません。お知らせは、掲示、またはれんらくアプリにてご連絡いたします。

・待機時間を短くするため、集合時間前の来館は出来るだけお控えください。また、水着を着用しての来館のご協力をお願いいたします。

・来館者から20~5分前の幅で人数調整をして、更衣室へご案内します。

・保護者の方については、密集、密接は避けていただき、観覧の自粛をお願いいたします。また、保護者の方も来館される際は検温のご協力をお願いいたします。

【更衣室、シャワー】

・会話はなるべく控え、密集時間を極力短くするように促します。

・着替え補助で保護者の方が更衣室へお入りになる場合は、人数に応じて時間差で対応いたします。

・3密(密集、密接、密閉)を避ける為、2m(最低1m)の間隔をとり指定の場所で着替えをします。

・タオルは必ずビニール袋に入れていただくようにし、共有は行いません。

・更衣室内は換気扇で常時換気し、空気清浄機を運転します。

【クラス中】

・人数確認のバディは行わず、出席簿、目視にて人数確認を行います。

・準備体操は隣のお子様と間隔をあけて広がり、子どもたちの掛け声は行わないようにします。

・練習中は、間隔をあけて待機し、リーダーは必要以上の補助以外は接触の機会を減らします。

・練習中は、必要以上の会話はなるべく避けるように子どもたちに伝えていきます。

・指導者はプール用のマスクを着用して、指導にあたります。

・プール内の換気について、クラス実施中は排気ファンを動作させ常時換気をしております。また、窓がある場合は窓を開放して対応する場合がございます。

・トイレの後は、必ず全身をシャワーで流します。

・鼻をかむ際はプールから上がり、ティッシュでかんでいただきます。

【クラス後】

・参加人数によってシャワー室や更衣室内で密集、密接が考えられる場合は、人数調整をして対応いたします。

・シャワー室や更衣室内での会話は極力避け、早めの退館を促します。

・ハンドドライヤーを使用する際は、間隔をあけ、会話をせず、ドライヤーの吹き出し口は床面を向けずに使用していただきます。壁付けのドライヤーの使用は禁止となります。

・お子様の脱水機の使用は禁止となっています。

横浜YMCAの安心・安全の取り組み

各館では、来館者用のアルコールの手指消毒スプレーを設置しております。

設置箇所:入口、受付、各教室

※更衣室、トイレ(施設により異なります)

また、施設内の設備や備品は定期的に清掃、除菌を行います。

上記内容の他に各YMCAでの対応等がある場合には、各YMCAのホームページ等にてお知らせいたします。
また、これらは現時点における対応となりますので、今後の状況により変更になる場合がございますのでご了承ください。
最新情報は今後もホームページにてお知らせいたします。

ご利用の皆様へお願いしたいこと

①来館時には、お子様も保護者の方もマスクを着用してください。

②ご家庭で検温を行い、体温37.5℃以上の方はクラスの参加をお控えください。(お子様は欠席の連絡をお願いします)

③更衣室でのお着替えの際も、可能な限りマスクを着用してください。

④お子様と来館される保護者の方は、来館前の検温、体調の確認を行ってください。

⑤更衣室の混雑緩和のため、保護者の方の更衣室への入室はできるだけお控えください。

⑥観覧席など一部使用を制限、休止させていただくエリアがございます。

⑦クラス終了後は、速やかに退館いただけますようご協力をお願いいたします。

会員の皆様からいただいた安心の声

子どもの毎日の体温、体調をチェックして記入するカードや入口に消毒が設置されていたり、感染症対策はしっかりとされているイメージです。

プールに通っていますが、プール内での感染は少ないだろうと思い、参加させています。

更衣室については、リーダーから出来る限りマスクを着用しておくことや、長く留まることがないように声をかけてもらっているところは安心しています。

(小学生男児 保護者)