【健康教育】新型コロナウイルス等の感染症予防や拡散防止対策について

2022年8月1日(月)更新

横浜YMCAでは、施設利用者のご協力によるマスク着用、手洗い、手指の消毒に加えて、施設管理においても日常的な消毒清掃、扉や窓の開放、空気清浄機の設置等の感染予防対策を行っております。

新型コロナウイルス等の感染症予防の管理、指導を引き続き徹底し、会員の皆様、保護者の皆様が安心してプログラムにご参加いただけるように、指導体制や館内環境の整備をより一層強化して参ります。

会員の皆様、保護者の皆様につきましても感染予防に取り組んでいただき、安心してプログラムにご参加いただける環境づくりにご理解とご協力くださいますようお願いいたします。

 

 


 

横浜YMCAが実施するプログラム中のマスク着用について

 

日頃よりYMCAの諸活動にご理解、ご協力を賜り心より感謝申し上げます。
政府より出ております新型コロナウイルス感染対策としてのマスク着用の考え方に基づき、横浜YMCAが実施するプログラム中のマスク着用について、以下の通りとさせていただきます。
会員の皆様には、今まで同様、体調管理を徹底していただき、継続してご参加くださいますようお願いいたします。
これからも、皆様の健康と安全を第一に考え、感染予防対策を進めてまいります。

<プログラム中のマスク着用について>
1.室内
基本的にはマスク着用となりますが、熱中症予防の観点から、環境や運動内容によってはマスクを外すことを推奨いたします。(外すことを強制はいたしません)

●マスクを外しても構わない場合
・身体的距離が確保でき、会話を行わない場合
※充分な換気(排気)と共に、エアコンを使用して温度調節を行います

2.屋外
基本的にはマスク着用となりますが、熱中症予防の観点から、環境や運動内容によってはマスクを外すことを推奨いたします。(外すことを強制はいたしません)
ただし、スポーツの試合中以外の活動(ミーティング、見学など)では、マスクの着用をお願いいたします。

●マスクを外しても構わない場合
・身体的距離が確保できる場合
・身体的距離に関わらず、会話を行わない場合
・WBGT(暑さ指数)測定器で警戒レベルとなる暑さ指数25以上となる場合(会話や声を発しないようにお願いいたします)

3.その他
2歳未満の参加者には、マスクを外すことを推奨いたします。(外すことを強制はいたしません)
2歳以上の就学前の参加者は、個々の発達の状態や体調等を踏まえる必要があるため、マスクの着用は推奨いたしません。
ご高齢の参加者(およそ65歳以上)は、マスク着用を推奨いたします。他の方と接する場合、マスク着用をお願いいたします。

<確認事項>
引き続き、感染予防対策へのご協力をお願いいたします。
今後、政府の発表等により状況が変わり、横浜YMCAの対応についても変更がある場合には、改めてホームページにてご案内をいたします。

 


 

各YMCAにて取り組みなどに変更がある場合がございます。詳細は各YMCAのホームページをご確認ください。

今後も横浜YMCAの対応については、ホームページにてお知らせいたします。