【発達・教育支援プログラム】新型コロナウイルス等の感染症予防や拡散防止対策について

2022年4月8日更新

横浜YMCAでは、施設利用者のご協力によるマスク着用、手洗い、手指の消毒に加えて、施設管理においても日常的な消毒清掃、扉や窓の開放、空気清浄機の設置等の感染予防対策を行っております。

新型コロナウイルス等の感染症予防の管理、指導を引き続き徹底し、会員の皆様、保護者の皆様が安心してプログラムにご参加いただけるように、指導体制や館内環境の整備をより一層強化して参ります。

会員の皆様、保護者の皆様につきましても感染予防に取り組んでいただき、安心してプログラムにご参加いただける環境づくりにご理解とご協力くださいますようお願いいたします。

各プログラムご参加の流れ

【クラス前】

・できる限り、自宅にて着替えを済ませてからご来館いただくようご協力をお願いいたします。
・お知らせは、掲示、またはれんらくアプリにてご連絡いたします。
・使用する机・椅子・備品等の消毒を行います。
・クラス前に参加者全員手洗いを行います。

【クラス中】

・リーダーはマスクを着用して指導にあたります。会員の皆様も必ずマスクの着用をお願いいたします。
・クラス開始のあいさつや準備体操は、隣のお子様と間隔をあけて行います。
・準備体操の掛け声は、リーダーのみ行い、お子様は掛け声を行いません。
・指導中のお子様同士の会話などは極力控えるようにします。
・種目練習中は、間隔をあけて待機し、リーダーは安全を守るための補助以外は不必要に接触の機会を減らします。
・常時窓を開放して換気いたします。

【クラス後】

・使用した机・椅子・備品等はすべて消毒を行います。
・クラス終了後のあいさつは、間隔をあけて行います。
・更衣室内での会話は極力避け、早めの退館を促します。

横浜YMCAで実施している感染症防止策

各館では、来館者用のアルコールと微酸性の次亜塩素酸水の手指消毒スプレーを設置しております。

設置箇所:入口、受付

※トイレ(施設により異なります)

また、施設内の設備や備品は定期的に清掃、除菌を行います。

上記内容の他に各YMCAでの対応等がある場合には、各YMCAのホームページ等にてお知らせいたします。

また、これらは現時点における対応となりますので、今後の状況により変更になる場合がございますのでご了承ください。最新情報は今後もホームページにてお知らせいたします。