スポーツ庁 「Sport in Lifeプロジェクト」

ずっとゲームやスマホを楽しみたいから

「みんなで考えるデジタルとの上手なつきあいプロジェクト」

Aコース:10月8日(土)・16日(日)・22日(土)・11月13日(日)・26日(土)

PDF資料は以下よりダウンロードください

デジタルとの上手なつきあいプロジェクトちらし第3弾

この事業はスポーツ庁2022年度 Sport in Life 推進プロジェクト(スポーツ人口拡大に向けた取組モデル創出事業)として実施します。依存症にならないようにゲーム・スマホの使用を禁止するのではなく、これからも楽しんでいけるような上手な付き合い方について、各分野の専門家とYMCAのリーダーと共に、子どもたち自身が考えられるよう進めていきます。そして、生活の中にスポーツや体を動かす楽しさを取り入れることを促進する取組として皆さまにもご協力いただきます。

これからも好きなことが続けられるために

子どもも大人も多くの人が使っているデジタル機器。特に自粛生活のこの数年は、誰かと繋がったり、オンラインで授業を受けたりと必要不可欠なものとなりました。一方で、夜遅くまでなかなか止められない、他にストレス発散できるものがない等、学校生活、社会生活に問題を引き起こす依存的な課題も出てきています。一旦、依存症になると、治療にも時間がかかり、好きなこともできなくなってしまいます。このプロジェクトは体と心の専門家、依存症の専門家、子どもの専門家が協力し、子どもたちと一緒に考えていく5日間です。最終日は、海のキャンプ場で謎解きゲーム等にも挑戦します。

 

YMCAと研究機関との協働プログラム

SDGs 3「すべての人に健康と福祉を」、17「パートナーシップで目標を達成しよう」を目標として本事業に取り組んでいます。具体的には、笹田哲氏(神奈川県立保健福祉大学リハビリテーション学科)、三原聡子氏(久里浜医療センターインターネット依存治療部門・臨床心理士)、横浜YMCAの協働にて実施しています。

笹田哲氏

神奈川県立保健福祉大学リハビリテーション学科 作業療法学専攻保健福祉学研究科 リハビリテーション学科長 NHK特別支援教育番組『ストレッチマンゴールド』番組企画委員、横須賀市支援教育推進委員委員長

三原聡子氏

久里浜医療センターインターネット依存治療部門・臨床心理士   YMCA主催 Digital DETOX ジュニアユースキャンプ協力アドバイザー

横浜YMCA

神奈川県下に48の活動拠点を展開する社会教育団体。水泳・体操・保育園・子育て支援・発達障がい児・者支援、アフタースクール、高齢者、語学、専門学校事業などの活動を展開しています。

こんな方におススメ!

「みんなで考える デジタルとの上手なつきあいプロジェクト」は、参加費無料、要事前申し込み(下記"お申込ボタン"より)となります。5日間のコースですが、1日からの参加でOKです。対象は、小学2年生から高校3年生で、ゲームやスマホを使うのが好きな人、目が悪くなる等、少し体調不良が出てきている人、依存症について気になっている人、デジタルと上手に付き合うためのコツを知りたい人となります。

スポーツ庁 「Sport in Lifeプロジェクト」

みんなで考えるデジタルとの上手なつきあいプロジェクト

スケジュール

1.日時・会場・内容
(定員各10組)

  • Aコース
    ・10月08日(土) 15:00~16:30  (横浜北YMCA)  オリエンテーション
    ・10月16日(日)  15:00~16:30  (横浜北YMCA)  すっきり!メンテナンス体操
    ・10月22日(土)  15:00~16:30  (横浜北YMCA)  私はレベルいくつ?
    ・11月13日(日)  15:00~16:30  (横浜北YMCA)  ゆるゆるスポーツ考案①
    ・11月26日(土)  10:00~15:00  (三浦YMCA)      謎解きゲームde野外炊事

※1日からの参加でOK!小学2年生から参加者募集中です。

2.会場について

        横浜北YMCA   横浜市港北区菊名6-16-57

この件のお問い合わせは

横浜北YMCA 発達・教育支援プログラム  担当:太田・関口 Tel 045-433-4321