BAPY(子ども支援基金)

BAPYは"Be A Partner of the Youth"の頭文字をとったもので、「子どもたち(青少年)のパートナーになろう」という意味です。YMCAの諸活動に経済的理由により、参加したくても参加できない子どもたち(青少年)に対して、費用の一部または全額を基金より援助するプログラムです。一人ひとりが自分の人生を切り拓いていくために様々な機会に参加できることは大切なことです。 ぜひ積極的にご活用ください。

ご案内・申請書ダウンロード


「子ども支援基金」申請のしくみ

申請方法

  • 上記よりダウンロード又は各YMCAにある申請書に必要事項をご記入の上、ご提出ください。
  • 経済的理由により、参加費用の支払いが困難なことを証明する書類(生活保護証明書、非課税証明書等)を添付の上、参加希望プログラムの「開始2週間前」(必着)までにご提出下さい。
  • 申請書に基づき、面接をします。

※個人情報は秘守致します。

子ども支援基金委員会にて審議

  •  
  • 経済的な困窮度に合わせ、一部・半額・全額の参加費用援助を致します。

支援金の決定

    •  
    • 「支援決定のお知らせ」にて通知します。

※子ども支援基金の対象は、15歳以下(4月1日現在年齢)となります。
詳しくは、お近くのYMCAの窓口へ直接お問い合せください。

基金へのご支援をお願いします

BAPYの基金は、YMCAで毎年行われている「国際・地域協力募金」をはじめ、会員・市民有志・学校・企業・団体からのご寄付によって、支えられています。子どもたちの命と未来を守り支えるために、皆様からのご協力をお願いいたします。 ご寄付、募金は、各YMCA窓口等で受け付けています。

2018子ども支援(BAPY)基金拡充キャンペーンチラシ

2018基金拡大キャンペーン終了報告

2018年8月27日~10月31日
日頃よりYMCAプログラムへのご理解ご協力感謝申し上げます。
またこの度はYMCA子ども支援(BAPY)基金への拡充キャンペーンにご協力いただき誠に感謝申し上げます。
8月27日より基金拡充への取り組みを以下のように行いましたことを報告させて頂きます。

基金目標金額1,500,000円に対しまして336,370円のご寄付をいただきました。心より感謝申し上げます。

今後も継続的に県下の各YMCAを中心に基金拡充に継続して取り組みます。随時受付を行っておりますので最寄りのYMCAへお問い合わせください。

引き続き子ども支援(BAPY)基金へのご理解・ご協力をお願い申し上げます。

寄付金に係る税制優遇制度について

横浜YMCAは公益財団法人ですので、お預かりしました寄付金は寄付金控除の対象となり、領収書を添えて確定申告をすることにより、寄付金の控除が受けられます。