• 介護予防の特徴 | 高齢者・介護予防 | 青年・大人 | 横浜YMCA 健康教育 HOME
  • 介護予防の特徴 | 高齢者・介護予防 | 青年・大人 | 横浜YMCA 健康教育 親子向け
  • 介護予防の特徴 | 高齢者・介護予防 | 青年・大人 | 横浜YMCA 健康教育 子ども向け
  • 介護予防の特徴 | 高齢者・介護予防 | 青年・大人 | 横浜YMCA 健康教育 青年・大人向け

介護予防の特徴

トップ > 高齢者・介護予防 > 介護予防の特徴

YMCAの考える介護予防

YMCAとして考えております介護予防は、「介護が必要にならないための予防策・・・」といった視点だけではなく、「いつまでも健康でいきいきと暮らす」ことをめざし、「地域の仲間と交流をし」、「自身の持っている経験やタレントを活かし」、「高齢期においても常に自己実現していくことを実感できる」といったことを目標として教室運営にあたっていきます。

▲このページのトップへ戻る

プログラムの目的

目的
・運動器エクササイズにおいては、筋力・バランス能力・柔軟性等体力の諸要素を包括的に向上していくことをめざします。
・教室終了後においても参加者自身が必要な運動習慣を継続していける力を養っていくことをめざします。
(このことはとても重要なことです。継続してこそ意味があります。)
・参加者同士の交流を深めていき、仲間づくりを促進します。

YMCAがご提案する介護予防・運動機能向上プログラム5つのコンセプト

●コンセプト1 筋力づくり
加齢とともに低下をしていく筋力、特に下半身の筋力を強化していきます。さらには、選択的に低下をしていく速筋を意識的に強めていきます。

●コンセプト2 全身持久力づくり
運動をゆっくりと長く行っていくことで心臓や血管そして肺などへ適度な刺激を加え、血流を促進し、全身持久力を高めていきます。

●コンセプト3 柔軟性づくり
年をとるとともに筋肉は硬くなり、関節が動く範囲も狭くなっていきます。毎日行っても良いストレッチは、これらを予防するために欠かせない運動です。

●コンセプト4 健康な骨づくり
骨密度が低下し骨折しやすくなる骨粗鬆症を予防するためには、食生活に気をつけるだけではなく、日常的な運動習慣を持ち骨への適度な刺激が必要です。

●コンセプト5 励まし合える仲間づくり
一緒に汗を流せる仲間がいる。励まし合いながら運動を楽しむ仲間がいる。運動習慣を継続していくためにも参加者同士のコミュニケーションの促進は重要です。

▲このページのトップへ戻る

プログラムの特色

●ポイント1 身近にある物を活用して運動を行っていきます。
運動機能改善事業においては、身近にある物(タオル、ボール、チューブなど)を活用してトレーニングを実施していきます。
参加者にとって個々の体力レベルにあったトレーニングが可能だということと、また講習会終了後も各家庭や地域で運動習慣を継続しやすくするというメリットがあります。

●ポイント2 日常生活動作に必要な筋力づくりをめざします
YMCAにおいて研究開発してきた「転倒予防プログラム」の理論を活用し、下肢の鍛えるべき筋群(大腿四頭筋、腸腰筋、中殿筋)を中心とし更には、上肢及び腹部、背部も含めて総合的に筋力づくりを行っていきます。単なる筋トレではなく、ファンクショナルトレーニング(日常生活動作を意識した機能トレーニング)として実施をしていきます。

●ポイント3 脳を鍛えるコンビネーション動作をとり入れます
両腕、両足を使ったコンビネーション動作を簡単なものから複雑なものへと変化をさせ系統的に脳神経繊維に刺激を与えていきます。
漫然と体を動かしていくだけではなく、意識を集中し、手足の動作の複合運動、巧緻運動を行うことにより脳を刺激していきます。例えば「右腕と左腕で動作を1テンポずらしながら動かしていき、同時に足でステップを踏んでいく」というものです。
参加者が指導者の動きを見て、同じようにその複合運動を行おうとして、動きに集中することにより系統的に神経繊維をくみ立てていくことを目指します。

●ポイント4 バランス能力の向上をめざしたトレーニングをとりいれていきます。
「YMCA転倒予防プログラム」の研究データ-をもとに必要となる筋群を中心に筋力トレーニングを行っていきます。また、バランストレーニング専用のバランスパッド等を活用し静的、動的バランス能力の向上をめざしていきます。

●ポイント5 学習の時間を活用し介護予防全般についての学びを深めます。
「骨粗鬆症予防のための栄養や食事」について、また「転倒予防の住環境などにおけるリスクマネージメント」、など運動器のエクササイズにとどまらず、内的、外的要因に対して総合的にアプローチしていきます。また、運動習慣においても家庭で実施可能な運動の方法を紹介していくなど参加者自身が必要な知識を吸収し生活全般を見なおしていく機会としていきます。

▲このページのトップへ戻る

地域支援事業・介護予防事業関連実績

2014年度実績一覧(神奈川県内)

神奈川県 運動による認知症予防教室
     (小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)
横浜市 (各区実施分含む)
     運動機能改善関連事業、口腔・栄養改善事業、認知予防事業、脳力向上事業 ハマトレ指導者講習会
川崎市  運動機能改善関連事業(マシンを利用した機能向上講習会、転倒骨折予防講習会)
     栄養・口腔改善事業(全4区)
     いこい元気広場事業(全13ヶ所)
藤沢市  運動機能改善関連事業(陸上、水中)
平塚市  転倒骨折予防教室
横須賀市 運動機能改善関連事業、脳力アップ教室
厚木市  運動機能改善関連事業、認知症予防事業、
その他  特別養護老人ホームご利用者対象水中運動教室事業
     地域ケアプラザへの教室企画(認知症予防、ロコモ予防) 他

▲このページのトップへ戻る

プログラムの模様


運動機能向上教室

参加者の体力、体調にあわせて教室を運営していきます。

アメリカのYMCAにおける高齢者の健康づくり

アメリカYMCA連携をし、プログラムの連携、開発を進めています。

栄養改善教室

食べる楽しさ、食べる大切さをおつたえしていきます。

▲このページのトップへ戻る