参加者の声(My Y Story) 2017年12月 健康維持ではじめたスイミング
10年間通い続け、皆勤賞に輝く

湘南とつかYMCAウエルネススポーツクラブ スイミングスマイルクラス
坪 篤子 さん

今から20数年前、小学校まで水泳に通わせていた子どもたちも中学生となり、今後の人生をいかに健康で元気な毎日を過ごすことができるのかと考えていました。その頃の私の友人たちは、コレステロールや高血圧、膝痛や腰痛等で病院通いをしていました。私は、できれば体を動かして健康を維持したいと思っていたところにタイミング良く、湘南とつかYMCAオープンというチラシが目に入り、健康で元気な毎日を過ごしたいということだけを念頭に入会を即決し通い始めました。

一週間に一度スタジオでの約30分の体操に取り組み、その後はじめた水泳では、顔をつけることや潜ることなど一から教えていただきました。約1年半経った頃に、やっと25メートルを泳げるようになりました。その時に教わっていたリーダーがとても喜んでくれたことは今でも忘れられません。当時から一緒にレッスンに参加していた仲間は、今でも楽しく水泳やエアロビクス、ヨガ、マシントレーニングなどで共に汗をかいています。

また、水泳のリーダーから「YMCA祭のボランティアを皆さんでやってみませんか」と誘われたのがきっかけで、以降毎年、餅つきは欠かせないイベントとなっています。何よりもいろいろな方と接し、毎年新しい友だちもでき、手探りながらも、協力してやり遂げることが楽しい時間となっています。

今回、湘南とつかYMCAウエルネススポーツクラブから週1回のスイミングクラスに10年間お休みなく通ったことで、皆勤賞をいただきました。この長い年月、YMCAに通い続けられたことは、家族をはじめ、YMCAのスタッフの皆さま、スクールの皆さまの優しさと応援があったからこそと思います。

ボランティア活動も含め、多くの出会いとコミュニケーションのおかげで、たくさんの知恵もいただいております。皆さまに感謝しつつ、無理の効かない年齢になってきましたが、少しずつ出来る範囲で、これからもYMCAで取り組んでいきたいと思っています。

(掲載:月刊YMCA NEWS 2017年12月)

ページトップ