参加者の声(My Y Story) 2017年5月 学び続けられるYMCAは
私のかけがえのない場所

厚木YMCAユースリーダー
和田 直人さん

私は、ホサナ保育園から中学生までの長きにわたり、サッカーや体操プログラムを通して多くのことYMCAで学んできました。そして、将来、子どもに携わる仕事に就くことを目標に多くの経験ができるYMCAでリーダー活動を始めました。学生からYMCA非常勤という立場でも指導に携わり、約3年半、指導法、子どもたちへのかかわり方や、リーダーとして、人としてどうあるべきかなど多くのことを共に活躍する仲間であるリーダーたちと学び、考え続けてくることができました。さらに地域に目を向け、街の清掃活動や東日本大震災復興支援募金など、さまざまな活動を参加者としてというよりも自分たちで企画してきたことがYMCAでの関わりを深くさせたきっかけです。リーダー活動だけでなく、さまざまな活動に関わっていくことで、YMCAの存在を多くの方に知ってもらう機会ができたことをとても嬉しく思っています。

現在は、夢であった教師として忙しい日々を送っています。そのような中、先日の始業式のクラス発表の際に、持ち上がりにならず、昨年度担任をしていた子どもたちから悲しみの声が上がったことが、私にとってとても喜ばしいことでした。場所が変わっても、子どもたちと真剣に向き合い、関係性を築けていることの重要性を改めて感じさせられました。

今でも時間が許す限り、ボランティアでYMCAで指導に携わらせていただいています。それは、YMCAでリーダーや子ども、保護者と関わることで自分の学びにもなり、教師として過ごしていく上で役に立つことが多いからです。そして、なによりYMCAが私にとってのかけがえのない居場所であるからです。

4月からは、厚木YMCAの運営委員会の地域活動に参加させていただき、YMCAのことをより多くの方に知ってもらいたいという願いを叶えていきたいと思います。

今の「私」にしてくれた方々に感謝をするとともに、これからもYMCAに関わり続け、学びながら過ごしていきたいと思います。

(掲載:月刊YMCA NEWS 2017年5月)

ページトップ