参加者の声(My Y Story) 2016年12月 YMCAと関わり続け
共に成長していきたい

川崎YMCAユースリーダー
川嶋 美遥さん

 私は小学校6年間、川崎YMCAの体操のメンバーでした。退会後はYMCAと疎遠になりましたが、「YMCAに戻ってきませんか?」という手紙が川崎YMCAから届いたのをきっかけに、高校2年の夏に体操のジュニアリーダーとして戻ってきました。YMCAに深く関わるにつれ、YMCAの願いに触れることや多くの先輩リーダーと出会い、さまざまな価値観を知ることができました。それは私にとって大きな刺激になり、もっとYMCAと関わっていきたいという気持ちになりました。

 昨年、横浜YMCA全体で行った1泊2日のリーダー研修会「Y Let」に初めて参加させていただきました。その時に、私の中の価値観や想いが変わったのをよく覚えています。高校3年生だった私は、川崎YMCA以外の人と深く交流することや自分の想いを口にし、みんなの想いを受け止めることがほぼ初めてだったので、とても刺激的な二日間になりました。「これから自分は何ができるのか」「子どもたちにどんなことを伝えていきたいか」などについて考えるようになりました。そして、今年からユースリーダーとして改めて一歩を踏み出すことができました。

 4月からは、体操に加え、新たに水泳や野外活動のリーダーとしても活動を始め、さまざまなフォーラムに行かせていただきました。9月に行われた東日本ユースリーダーズボランティアフォーラムでは、「リーダーとはなにか」「理想のリーダー」について横浜YMCAの枠を超え、他県の同世代リーダーたちと語り合いました。10月に行われた日本YMCA大会では、ユースリーダーやスタッフ、ワイズメンズクラブの方から自分とは異なる視点を学べました。

 現在は、戸塚にある横浜YMCAスポーツ専門学校に通っています。YMCAの奨学生として、卒業後はYMCAに働くことになると思います。

 川崎YMCAからの一通の手紙が、私のリーダー活動につながりました。リーダーを続けていられるのも、周りの支えのおかげです。これからも一歩一歩踏みしめて進んでいきたいと思います。

(掲載:月刊YMCA NEWS 2016年12月)

ページトップ