YMCAつるみ保育園からのご報告 冬キャンプのご報告

ぞう組(5歳児クラス)の子どもたちが冬のキャンプに行ってきました

実施日時

2017年1月25日(水)〜1月27日(金)

内容

場所:富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ

<1日目>
 お天気は晴れで、キャンプ日和となりました。お祈りの後、あいさつをして保育園バスに乗っていざ出発!元気に手を振って保育園を後にしました。バスの中では、歌をうたったり、クイズをしたりして盛り上がりました。窓から見えてくる富士山を見つけると、一斉に喜び合っていました。
 お昼に、夏に訪れたなつかしい富士山YMCAに着き、おうちの人に用意してもらったお弁当を食べました。キャビンでは、荷物の整理をしました。夏キャンプで経験しているので布団の準備は覚えていて、協力してシーツやカバーをかけることができました。
 その後は、富士山YMCAの大自然を探検しました。凧作りにも挑戦し、大空の下、凧はぐんぐんと上がっていきました。バームクーヘンを作ったり、マシュマロやりんごなどを焼いてクッキングも楽しみました。
 夜は、ランタンを手にナイトハイクに出かけ、満天の星空をながめました。ヘリポートまで歩きていくと暗闇にも次第に目が慣れて町の明かりが見えてきました。
 富士山YMCAの大自然で楽しい体験をした一日を終え、「明日も楽しいことがいっぱいあるように」と期待しながら眠りにつきました。

<2日目>
 バスに乗り、富士山の中腹にある水ヶ塚に向かいました。山道を上がっていくにつれて、雪が目立つようになりました。水が塚でバスから降りると雪遊び広場には雪があり大興奮。みんなでそりすべりをすることにしました。富士山YMCAのリーダーからそりの乗り方、気をつけることを教えてもらい、さっそく滑り始めた子どもたち。コツがわかって滑ることができるようになると、友だちと二人乗りをしたりして、何度も何度もすべっていました。休むことなく熱中して、からだ中でうれしさを表現していました。
 夜はおたのしみのキャンドルファイヤーです。ランタンの灯りの中、キャンプソングやゲームで大いに盛り上がりました。
 一日の最後は、楽しかったこと、うれしかったことを語り合いました。みんなの前で自分の感じたことを素直に話ができました。朝から晩までおもいっきり元気にすごした1日が終わり、布団に入るとすぐに寝息を立てていました。

<3日目>
 朝のつどいでは、♪きよいあさあけて♪をうたっていちにちをスタートしました。みんなで“平和”について考える時間も持ちました。朝食を済ませると、キャビンで荷物の整理です。自分のことは自分でできるようがんばりました。その後は、富士山YMCAの自然の中で存分に遊びました。
 楽しい時間があっという間に過ぎ、富士山ともお別れの時間が近づいてきました。富士山YMCAのポストにおうちの人への手紙を投函して、名残惜しい気持ちを胸に富士山YMCAを出発しました。
 
【キャンプを終えて】
 大自然での遊びを満喫し、ワクワクドキドキすることがたくさんありました。また、お友だちと生活を共に過ごす中で、お互いのいろいろな気持ちや意見に気づき、分かり合おうとする姿がありました。
 広大な自然を目の前にして、特別なことがなくてもいろいろな遊びを考え、楽しむことができる子どもたち。みんなの笑顔が絶えない3日間となり、からだ中でよろこびを表わしている姿には本当に感動しました。 このキャンプでの経験が子どもたちのさらなる成長につながることを信じ、心に残る思い出となってくれることを願っています。
 最後になりましたが保護者の皆さまには、準備等でいろいろとご協力いただきましたことにお礼を申しあげます。ありがとうございました。

ギャラリー

このプログラム・イベントに関するお問い合わせ

YMCAつるみ保育園

お問い合わせフォームはこちら

  • はじめての方へ ご入会のお手続きをご案内いたします。
  • ボランティア・リーダー制度
  • プログラム・イベント参加方法
  • 参加者の声(My Y Story)

  • 税制優遇制度のご案内
  • 語学事業サイト
  • 健康事業サイト
  • キャンプ100周年サイト

  • 平和の川柳

ページトップ