YMCAつるみ保育園からのご報告 クリスマス礼拝のご報告

喜びを分かち合いました

実施日時

2016年12月17日(土)

内容

クリスマスの1ヶ月前、アドベントと呼ばれているクリスマスの準備の時を迎え、今年も保育園はわくわくとした楽しい雰囲気に包まれました。
クリスマスの飾りを作って飾ったり、アドベントカレンダーを眺め、当日を子どもたちは心待ちにします。
 
12月17日の土曜日にはクリスマス礼拝が行なわれました。
つるみ保育園では、この礼拝で子どもたちがページェント(降誕劇)をしています。 みんなで話し合って役決めを行い、歌やセリフの練習を積み重ねてきた幼児クラスの子どもたち。自分の役に馴染み、次第に自信をつけ生き生き演じる姿がありました。
 
最初は職員が中心となって歌っていた乳児クラスでも本番が近づくに連れ、子どもたちが自然と口ずさんだり、笑顔で体を揺らす姿が見られるようになりました。
 
天使・羊飼い・博士・宿屋・星・・・礼拝当日は乳児から幼児まで子どもたち1人ひとりが劇の中でクリスマスの訪れを知らせる大切な役割を担いました。
 
会場としてお借りした鶴見総合高校のホールには賛美の歌声が響き、クリスマスの物語が子どもたちの導きで進められていきました。
そして劇の最後には保護者や卒園児、職員も加わってみんなでクリスマスの讃美歌を合唱しました。
 
乳児、幼児、卒園児、職員、そしてたくさんのお家のみなさんでクリスマスの喜びを分かち合う心温まるひと時となりました。
 
参加してくださったみなさまに心から感謝いたします。ありがとうございました。

ギャラリー

このプログラム・イベントに関するお問い合わせ

YMCAつるみ保育園

お問い合わせフォームはこちら

  • はじめての方へ ご入会のお手続きをご案内いたします。
  • ボランティア・リーダー制度
  • プログラム・イベント参加方法
  • 参加者の声(My Y Story)

  • 税制優遇制度のご案内
  • 語学事業サイト
  • 健康事業サイト
  • キャンプ100周年サイト

  • 平和の川柳

ページトップ