YMCA東かながわ放課後児童クラブからのご報告 熊本地震復興支援街頭募金のご報告

〜5ヶ月経っても忘れない!〜
 

内容

9月14日(水)で熊本地震が発生してから5ヶ月となりました。
今日も、益城町総合体育館など避難所では多くの方が困難な生活を送っています。
そんな熊本の人たちのことを思い、子どもたちと東神奈川駅で街頭募金を行いました。
 
街頭募金を行うにあたり、事前学習として、地震発生直後の熊本の様子や夏頃の避難所の様子について映像を通して学びました。
大きな損傷を受けた熊本城の映像、脱線した新幹線の写真、倒壊した家屋の様子をなど見て、改めて熊本地震の被害の大きさをふりかえりました。
また、避難生活を送る方々の様子を見て、「大変そう」、「かわいそう」と子どもたちなりに避難生活を送る方へ思いをはせている様子も見られました。
 
この事前学習を通して、改めて募金活動の大切さを感じた上で、当日を迎えました。
夕方の限られた時間の中でしたが、子どもたちは「熊本地震復興支援募金をお願いします」と大きな声で道行く人々に呼びかけ、11,365円の募金が集まりました。
 
子どもたちが預かった募金は、すべて熊本地震の復興支援募金へ充てられます。
 
今後も、熊本をはじめ、各地で困難な生活を送られている方々を支援するための街頭募金を行い、子どもたちなりに多くの人たちに思いをはせる時間を設けていきます。

関連ページ

このプログラム・イベントに関するお問い合わせ

YMCA東かながわ放課後児童クラブ

お問い合わせフォームはこちら

  • はじめての方へ ご入会のお手続きをご案内いたします。
  • ボランティア・リーダー制度
  • プログラム・イベント参加方法
  • 参加者の声(My Y Story)

  • 税制優遇制度のご案内
  • 語学事業サイト
  • 健康事業サイト
  • キャンプ100周年サイト

  • 平和の川柳

ページトップ