YMCAつるみ保育園からのご報告 夏キャンプのご報告

実施日時

2016年6月9日(木)〜6月11日(土)

内容

<1日目>
 これまで、みんなで準備をしたり、キャンプソングを歌ったりして、この日が来るのを心待ちにしてきたぞうぐみ。朝、集合すると他のクラスのお友だちに「いってきま〜す!」とあいさつをして保育園バスに乗り込み、いざキャンプに出発です。
 バスの中では、歌をうたったりゲームをしたりして元気いっぱい。バスの中から雲がかかった山が見えると、「富士山に雲がおちてる!」とこれから向かう富士山への期待がふくらみます。
 
 富士山の中腹にあたる西臼塚へ到着。富士山YMCAのリーダーから富士山についての話をきいてから、西臼塚の森の中へ進んでいきました。霧がかかった幻想的な雰囲気です。宇宙人にみえるはっぱ、セミのぬけがら、いろいろなものに見える木などを発見。忍者の修行(?)の「穴抜け」や木の皮のパズル遊びなどに夢中の子どもたち。やがて、西臼塚の頂上にあたる300年前の富士山の噴火口に辿り着きました。霧雨の降る中、「つかれたー」とも言わず本当によく歩きました。
 この後は、2晩泊まる富士山YMCA・グローバス・エコ・ヴィレッジへ。部屋に着くと、泊まる準備をしました。大きなお風呂に入ってから食堂での夕食です。
夜はキャンドルファイヤー。歌やゲームで大いに盛り上がりました。
 
 
<2日目>
 起きて布団を片付けてから、朝の集いを行いました。讃美歌“きよいあさあけて”を歌って一日をスタートしました。
 
 午前は、富士山YMCAの広大な自然の中で、すすきの中を探検したり、鬼ごっこ、ハンモック、虫・動物探しなどをして遊びました。
 お昼は、富士宮やきそばとアイスを手作りしました。氷をいれて容器を振ると、アイスクリームができあがるのです。交代で振ったり転がしたりと、自分たちで作ったアイスはとびきりのおいしさでした。
 
 午後は、バスで陣馬の滝に出かけ、水遊びをしました。(陣馬の滝とは、鎌倉時代に、源頼朝がこの滝に付近に陣を張ったことが名前の由来になったと言われています)川に足を入れたり、魚やカニなどを探したり、岩場に登ったり石の間を渡ったりと、大喜び!水はすごく冷たかったのですが、“そんなのへっちゃら”の元気な子どもたちでした。
 
 富士山YMCAに戻り、滝で拾った石に絵の具で自由にペインティングをしました。おもいっきり遊んだあと、製作に集中する子どもたちに眼をみはりました。夕食の後は室内で楽しく過ごしました、風船、かごめかごめ、スタンプラリーなど笑顔が絶えませんでした。ナイトウォークは、あいにくのくもり空で星はあまり見えませんでしたが、市街地の灯りが見えました。そこに向かって「ぱおぱー! ママー!」と叫ぶ子どもたち。とてもかわいかったです。
 
 
<3日目>
 今日もすがすがしい朝を迎えました。 子どもたちは時間ぎりぎりまでぐっすりと眠っていました。朝のつどいでは、讃美歌“ことりたちは”を歌って、「今日もお友だちのいいところをいっぱい見つけられますように」とお祈りしました。
 
 午前は保育園に帰るしたくです。自分たちが使った部屋のかたづけと荷物の整理をがんばってやりました。その後は、富士山YMCAでいっぱい遊びました。お昼ご飯を食べたら、いよいよ富士山YMCAともお別れです。最後に、平和の鐘をみんなで鳴らして、富士山YMCAを後にしました。
 キャンプのどの場面でも興味津々で、たのしいことを見つけ、積極的に、全力で遊びに熱中する子どもたちの姿はとてもまぶしかったです。うれしいことやびっくりしたことがあれば伝え合っている子どもたちを見て、“共感するこころ”の豊かさ、素晴らしさを感じました。そして、振り返りの場面では、ひとりひとりが思い起こして、自分の言葉でたのしかったことを話してくれました。
 
 この体験は、必ずこれからの日々の生活につながっていくことと思います。さらに大きく成長していく子どもたちがとても楽しみです。最後になりましたが、保護者のみなさまのご理解とご協力を心より感謝いたします。ありがとうございました。

ギャラリー

このプログラム・イベントに関するお問い合わせ

YMCAつるみ保育園

お問い合わせフォームはこちら

  • はじめての方へ ご入会のお手続きをご案内いたします。
  • ボランティア・リーダー制度
  • プログラム・イベント参加方法
  • 参加者の声(My Y Story)

  • 税制優遇制度のご案内
  • 語学事業サイト
  • 健康事業サイト
  • キャンプ100周年サイト

  • 平和の川柳

ページトップ