YMCA東かながわ放課後児童クラブからのご報告 大工に挑戦!
大工道具体験プログラムのご報告

6月2日(木)は横浜の開港記念日による小学校が休みなのに伴い、一日保育を行いました。
 
この日の午前中の時間を利用して、建設横浜一般労働組合神奈川支部および中支部の皆さんを講師にお招きして大工さんによる体験プログラムを行いました。
 

内容

今回は初めての実施のため、大工さんが日常よく使う道具を紹介してもらったのち、それらを使い自由工作を行いました。
 
今回は、玄翁(かなづち)、のこぎり、かんなに挑戦しました。
大工さんの仕事の中で、叩く(釘を打つ)、切る、削るは一番の基本になります。
子どもたちは、実体験を通して基本を学んでいきました。
 
道具を使うとき、すべてを力任せで行うのではなく、力を入れる必要があるところと抜いてもいいところのコツを教わりながら、所々でプロの技を披露してもらい、子どもたちなりに作業を進めていきました。
色々な形の木材を組み合わせて工作していきますが、子どもたちは完成したときのイメージを膨らませながら材料を選んでいました。
 
作業を進めていく中で、玄翁で指を叩いてしまった子どもやのこぎりで指に傷を負ってしまうことはありましたが、最後まで真剣に取り組んでいる姿が印象的でした。
 
出来上がった作品は、小物入れ、小さいテーブルや椅子、卓球のラケットなど様々でした。
自分だけのオリジナルの作品が出来、子どもたちは大満足の様子でした。
今回の経験をきっかけに、子どもたちの興味関心の幅が広がっていけばと思います。
 
大工さんによるプログラムは今後も継続して実施し、次回は夏休み中に実施予定です。

関連ページ

このプログラム・イベントに関するお問い合わせ

YMCA東かながわ放課後児童クラブ

お問い合わせフォームはこちら

  • はじめての方へ ご入会のお手続きをご案内いたします。
  • ボランティア・リーダー制度
  • プログラム・イベント参加方法
  • 参加者の声(My Y Story)

  • 税制優遇制度のご案内
  • 語学事業サイト
  • 健康事業サイト
  • キャンプ100周年サイト

  • 平和の川柳

ページトップ