富士山YMCA グローバル・エコ・ヴィレッジからのご報告 東日本大震災復興支援キャンプ・ニューイヤーファミリーキャンプのご報告

≪キャンプの目的・ねらい≫
 
@富士山YMCA及びその周辺の自然体験活動を通じて冬を身体いっぱい感じる。
 
A野外活動やキャンプを楽しみ、心と体を休める時間をすごす。
 
Bプログラムや生活を通して、家族でゆっくり過ごし、リフレッシュする。参加者みんなが大家族となって過ごし、絆を深める。
 
C参加者同士の交流の場、情報交換の場とし、コミュニティーを広げる機会とする。 
 
≪協賛≫公益財団法人 横浜YMCA 
 
≪参加者数≫10家族39名(他リーダー・スタッフ9名)
 
みんなで大家族となって、笑顔あふれる3日間になりました!
平和の鐘をみんなで鳴らして「すべての人がひとつになりますように」願いました!

実施日時

2016年1月2日(土)〜4日(月)

内容

2016年のお正月、雪化粧した富士山の麓に大集合〜今回のキャンプは、東日本大震災の影響で神奈川に避難しているご家族をご招待するキャンプを実施しました。
 
キャンプの名前の通り、お正月を大満喫しました。皆様の人気は「富士山からのご来光」「大凧揚げ&手作りだこ作り」「お餅つき大会」でした。富士山から昇る朝日は本当に感動的です「すばらしい一年のスタートになりました」と皆様、心も体もホッコリしましたね。風がないと苦戦する凧揚げですが20m以上の大凧もみんなが協力して大空高く舞い上がりました。お餅つき大会は、手作り豚汁も一緒に作りました。「普段おもちを食べない子どもが、いっぱい食べていました」「豚汁作りは、野菜を切るのも楽しくて、具だくさんで美味しかったです」みんなの素晴らしいチームワークが美味しさを倍増させたことでしょう。
 
チョイスプログラム一番人気は「富士山YMCAぐるっとハイク」野球場9個分の敷地で、なかなかいかない場所への冒険は、「楽しい!こんなところがあったんだ!」みんな大満足、発見の連続の楽しいな時間になりました。その大草原を駆け抜ける「マウンテンボード・スクート・マウンテンバイク」小さい子どもたちから大人まで、みんなが夢中になって暗くなるまで遊びました。アウトドアスイーツは新たなメニューが登場「焼きバナナ」は、「初めて食べました〜こんな食べ方があるんですね」。クラフトは、干支クラフトを中心に世界に一つの作品が完成し、素敵なお土産になりました。
 
夜は、ウエルカムゲームナイト、キャンドルファイアーなど、参加者みんなで素敵な夜を過ごすことができました。富士山も浮かぶ満天の星空観察も忘れられません。夜の懇親会では、ちょっとした情報交換なども行われ、有意義な時間を過ごすことができました。
 
東日本大震災から5年が経過しようとしております。改善されてきていること、まだまだ不自由なこともあると思います。皆様の隣に寄り添い、一緒に笑顔で過ごしていきたいと願っております。富士山YMCAは、みんなの故郷でありお家です。いつでも「ただいま」と遊びに来てくださいね。空を見て、富士山を眺め想い続けています。ずっとつながっていきたいと願い続けていきます。
「キャンプで刻まれた経験はその人の中にずっと生き続けます!」
 
キャンプに参加してくれた皆様、本当にありがとうございました。富士山の麓でお待ちしております!
『笑顔・元気・つながろう日本・富士山』
 

ギャラリー

  • 富士山からのご来光
  • マウンテンバイク
  • マウンテンボード
  • お餅つき
  • 豚汁作り
  • 大凧揚げ
  • 大凧とともにハイチーズ
  • ダッチオーブンでミートパイづくり
  • ウエルカムゲームパーティー
  • 天体観測・ナイトハイク
  • 再会をちかい富士山に見守られ集合写真

このプログラム・イベントに関するお問い合わせ

富士山YMCA グローバル・エコ・ヴィレッジ
電話:0544-54-1151
受付時間:9:00〜17:00
担当者:三上 淳(おはなリーダー)

お問い合わせフォームはこちら

  • はじめての方へ ご入会のお手続きをご案内いたします。
  • ボランティア・リーダー制度
  • プログラム・イベント参加方法
  • 参加者の声(My Y Story)

  • 税制優遇制度のご案内
  • 語学事業サイト
  • 健康事業サイト

  • 平和の川柳

ページトップ