横浜中央YMCAからのご報告 アウトドアクラブ冒険コッペ 9月活動のご報告

横浜中央YMCAアウトドアクラブ「冒険コッペ」では、毎月1回外に出かけて様々な野外活動に挑戦します。9月19日(土)〜21日(月)に横浜市少年自然の家 南伊豆臨海学園で2泊3日の活動に行ってきました。

砂浜でビーチコーミング!何の動物かな?
伊豆の自然を満喫!岩が金色に見える「黄金崎」でハイチーズ!

内容

 今回の活動では、お互いの良い所を見つけて、それをほめてあげる、そして、自分が持っている得意なことをグループのために役立てるという、互いにいいものを送り合い、キャッチしていくことをたくさんしましょうとお話ししました。
 
一日目午後の野外炊事では、カレー作りをしました。ここでは、別のグループのお友だちとチームを組み、今までに話したことのないお友だちと協力するようにしました。そして、2日目の活動では自分たちの力だけでご飯を作らなければならないので、調理の手順や火起こしのやり方、片付けの仕方を徹底的に復習しました。ご飯の火加減や、薪の組み方をあまり挑戦したことのないお友だちは、同じグループのお友だちに聞きながら勉強していました。おかげで、どのグループもおいしいカレーができあがりました。
夜にはみんなで花火大会です。手持ち花火をみんなで付けて楽しみました。2泊3日が初めてのお友だちは、ドキドキして眠れない様子もありましたが、ベッドにシーツを敷き、明日の準備をしてぐっすり眠りました。
 
 2日目は、グループチョイスプログラムです。3つのコースがあり、どの順番で回るかをグループごとに決めました。臨海学園のすぐ近くの子浦地区でポイントハイクを行いました。子浦地区のマップが配られ、問題を解いて5問以上正解すればゲームクリアです。川の名前を近所の人に尋ねたり、途中の浜辺で海を眺めたりと、グループごとにのんびり過ごしました。ビーチコーミングでは、くじを引いてお題の動物を決め、浜辺に落ちているものでその動物を作ってさもリーダーが当てられたらクリアというものです。火起こしと焼きマシュマロでは、グループの中で一番年下のお友だちが火をつけられたらクリアというものでした。地元の人とお話したり、洞窟探検に行ったりとそれぞれのグループで自由な時間がたくさんありました。
 
 夕飯は野外炊事を行いました。各グループの中で、調理に必要な工程を挙げ、どの順番で行うかを話し合ってから作りました。「野菜を切る」「薪を割る」「火を起こす」「煮る」など、調理には様々な工程があります。それを何時までに行い、誰がやるのか計画表に記入しました。夜はキャンプファイヤーをして、「地球防衛軍」「YMCAのお友だち」など体を動かし楽しくゲームで盛り上がりました。
 
 3日目は、伊豆半島のジオパーク巡りを行いました。烏帽子山では、駿河湾を見渡し景色を楽しみました。堂ヶ島には、海底火山の土石流や波の浸食によってできた奇石があり、みんなでアスレチックのように登って探検をしました。天窓洞という洞窟を上から見たり、トンボロ現象という潮の満ち引きによって島が繋がって見えるところなどを見ることが出来ました。黄金崎では、岩が黄金の板のように見える素晴らしい景色にため息をついていました。伊豆ならではの風景を目に焼き付け帰路に着きました。 2泊3日が初めてのお友だちもいましたが、いつものグループの仲間と一緒で安心したのか、3日間コッペ全員で仲良くすごせました。自分自身が得意とするところを「僕が手伝うよ!」と声をかけてくれたり、分からないことを自分で聞いたりする姿が多く見られました。
 
 
 
冒険コッペでは、毎月体験参加を募集しています!
ぜひ一度、参加してみませんか?☆

関連ページ

このプログラム・イベントに関するお問い合わせ

横浜中央YMCA
電話:045−661−0084
受付時間:月〜金 10:00〜18:00/土 10:00〜17:00 / 日 10:00〜16:00
担当者:横浜中央YMCA 斉藤 淳子

お問い合わせフォームはこちら

  • はじめての方へ ご入会のお手続きをご案内いたします。
  • ボランティア・リーダー制度
  • プログラム・イベント参加方法
  • 参加者の声(My Y Story)

  • 税制優遇制度のご案内
  • 語学事業サイト
  • 健康事業サイト
  • キャンプ100周年サイト

  • 平和の川柳

ページトップ