YMCAかわさき保育園からのご報告 10周年記念イベント「ホームカミングデー」のご報告

さる2月21日(土)に、かわさき保育園開園10周年記念イベント「ホームカミングデー」を行いました。当日は卒園児、保護者、退職した職員を含め、かわさき保育園にゆかりのある人たちが約150名集まりました。

開会礼拝の様子
昔話に花が咲きました。

内容

会は礼拝から始まりました。日本キリスト教団川崎戸手教会 孫裕久牧師からのメッセージは「えらいえらい」という絵本を題材に、子どもはケンカをしても謝れるけれど、大人になるにしたがって謝ることが大変になってくる。みんなにはいつまでも「ごめんね」が言える人でいてください、というものでした。
先生はいつも子どもたちにわかりやすい表現でお話をしてくださり、今回のお話もとても分かりやすいものでした。きっと卒園児の心に響いていたでしょう。
 
礼拝と、その後の参加職員の紹介が終わると、保護者の方は卒園年度に分かれての懇親会です。
職員と保護者の方が、部屋に貼られた懐かしい写真を見ながら、思い出話に花を咲かせていました。
 
また、卒園児は懐かしい園庭や公団公園で遊んでいました。
不思議なもので、体は大きくなっても遊ぶときは在園中そのままの動きで、竹馬や三輪車などの遊具、「どろけい」などの懐かしい遊びを楽しんでいました。
 
会は15時半からのビンゴ大会で大盛り上がり。商品が欲しくて子どもたちがどんどん前に出てくる一方、ビンゴを回して番号を決めていくのは子どもたちが行いました。「リーチの人は立ってください」というとたくさんの子どもたちが立ち上がり、さらに会場は盛り上がります。約30分のビンゴ大会でしたが、とても楽しく過ごしました。
 
会の最後には10年間撮りためた写真を使って、かわさき保育園の生活を振り返るスライドショーを上映しました。次々に流れる懐かしい写真に、皆さん懐かしそうに見入っていました。
 
今回は開園2年目、中学3年生の卒園児が7
名参加してくれたほか、中学生が20名参加してくれるなど、卒園後のつながりを感じられる場面が多くありました。
10年間の活動の営みと、そこで共に過ごした園児、保護者、職員がともに時間を振り返り、とても暖かい時間を過ごすことができました。

ギャラリー

  • 受付も大賑わい!
  • 懐かしい仲間たちと。
  • ライダーチーム!
  • 懐かしい先生と
  • 盛り上がったビンゴ大会

このプログラム・イベントに関するお問い合わせ

YMCAかわさき保育園

お問い合わせフォームはこちら

  • はじめての方へ ご入会のお手続きをご案内いたします。
  • ボランティア・リーダー制度
  • プログラム・イベント参加方法
  • 参加者の声(My Y Story)

  • 税制優遇制度のご案内
  • 語学事業サイト
  • 健康事業サイト
  • キャンプ100周年サイト

  • 平和の川柳

ページトップ