全体イベントからのご報告 「就職達成セミナー」のご報告

 YMCAでは宮城県教育庁からの要請を受けて、6月27日から9月12日の期間で就職を希望する宮城県内の高校生を対象にした「就職達成セミナー」を実施しています。
不況や震災等による影響により高校生の就職を取り巻く就職環境は厳しい状況となっており、より実効性のある就職支援策として、就職希望の卒業年次生徒を対象に、就職に関する具体的かつ直接的な進路指導等を行うことが目的です。横浜YMCA専門学校事業部が中心となって、専門知識を有する講師によるビジネスマナー講習及び模擬面接を実施し、生徒一人一人に対して就職意欲の向上と具体的な求職活動への助言を行っていきます。
14会場(地区)と、21校での開催が予定されていますが、7月30日から31日にかけて行われたセミナーの報告をさせていただきます。

セミナーの様子

実施日時

20121年7月30日(月)・31日(火)

内容

<2012年7月30日>
 今日は朝から宮城県立黒川高等学校で「就職達成セミナー」を実施しました。仙台市内から車で約50分ほど北に走ったところにある歴史ある伝統校です。午前8時30分になると、調理実習室にて学校側からのご挨拶とオリエンテーションがあり、体育館隣の格技場に就職希望の生徒が150人が集まりました。冷房設備のない県立高校ですから、格技場はまさに蒸し風呂のように暑く、汗が止まらない状況でしたが、生徒たちは、9月中旬から始まる就職試験に向けて真剣に講師の話を聞いていました。さすがに東北の高校生は違います。9時から50分間の全体講話に引き続き、派遣された15人のYMCA関係講師が、各教室に分かれての「模擬面接」の練習が始まりました。黒川高校は、普通科の他に電気科や機械科、電子工学科など専門コースもあり、入学後、早い段階から就職指導部が中心になって丁寧に就職指導が行われているということもあって、生徒たち一人ひとりの模擬面接における受け応えもしっかりしていました。

<2012年7月31日>
 昨日に引き続き、今日は仙台YMCAを会場にして「就職達成セミナー」が行われました。仙台YMCA国際ホテルの学生は、丁度、現場実習中ということもあり、午前には、6高校から150名、午後も5高校から140名の就職希望の生徒たちが暑い中を各校の先生に引率されて集まって来ました。昨日と同様に全体講話の後に10人1グループに分かれて「ビジネスマナー」や就職試験に向けて「模擬面接」の練習に取り組みました。主な指導内容としては、『働く』ということの意味をしっかりと考えること。自分で選んだ企業であればこそ、選択した理由や入職後にやりたいことなど、将来の自分なりのビジョンを明確に面接時に伝えられるように準備しておくこと。自分の考えを簡潔に話すことができるように準備しておくことが大切。100文字から150文字で様々に想定できる質問事項の答えを自分なりに考えておくこと。今から質問の答えを簡潔にまとめる作業や友だちや家族と面接の練習しておくことで採用試験の緊張を少なくできるのではないかと思います。誠意をもって、真剣に、真摯に、そして懸命に向き合っていることが、面接官や会社側にわかってもらえるような取り組みになるように頑張りましょう。
                                  YMCA健康福祉専門学校
                                     校長  小林 一郎

ギャラリー

このプログラム・イベントに関するお問い合わせ

全体イベント
電話:045-662-3721
受付時間:9:00〜18:00
担当者:梶谷和宏(本部事務局)

お問い合わせフォームはこちら

  • はじめての方へ ご入会のお手続きをご案内いたします。
  • ボランティア・リーダー制度
  • プログラム・イベント参加方法
  • 参加者の声(My Y Story)

  • 税制優遇制度のご案内
  • 語学事業サイト
  • 健康事業サイト
  • キャンプ100周年サイト

  • 平和の川柳

ページトップ