児童発達支援事業「YMCA児童発達支援あつぎ」

児童福祉法に基づく障がい児通所施設です。厚木YMCA子ども館内に2017年4月に開所しました。幼児期のお子さま(児童発達支援)と小学校1年〜高校3年までのお子さま(放課後等デイサービス)を対象とする多機能型の施設です。利用には、自治体の受給者証の交付が必要です。

1.クラス開催日

月・火・水曜日 放課後等デイサービス
水・木・金曜日 児童発達支援事業
※詳しくはお問い合わせください

2.クラスについて

児童発達支援事業

  1. グループ療育(5〜6名を対象)
  2. 個別療育(60分程度)
  3. 厚木YMCAの25m温水プール・広々とした体育館を使用した運動プログラム(5〜6名)
    • 子ども館に併設するYMCAあつぎ保育園ホサナ(認可保育園)、学童保育あゆの学校の子どもたちとの交流、連携したプログラムも行います
    • 原則として、保護者の方と一緒に通所してください。

放課後等デイサービス

  1. 月曜日・・・体操
  2. 火曜日・・・水泳
  3. 水曜日・・・水泳
    • プール、体育館が使用できない場合は、室内での活動となります。
    • YMCA健康福祉専門学校で保育とスポーツを学ぶ学生が、マンツーマンでお子さまのサポートを行います。

3.活動の一例

児童発達支援

時間 内容
10:00〜 開始
始まりの会
10:20〜 グループ活動
厚木YMCAへ移動
10:50〜 プログラム活動
(運動またはプール)
12:00 終了

放課後等デイサービス

時間 内容
15:30〜 開始
始まりの会
日中活動
厚木YMCAへ移動
16:30〜 プログラム活動
(運動またはプール)
17:30 終了
※曜日によって開始時間が違います

4.「YMCA児童発達支援あつぎ」がめざすこと

一人ひとりのお子さまが充実した生活をおくれるよう、日常の基本的な生活スキルやコミュニケーション能力の向上をはかります。また、集団生活の適応力を高めるため、お友だちや職員との集団活動を通じ、集団生活上のルールを学びます。 保護者の皆さまには、保護者プログラムを通じてお子さまの特性を理解していただき、具体的な支援の方法を職員とともに深めます。 活動では以下のことに取り組み、お子さまの自己決定を大切にし、自尊感情を育む支援をします。

活動 内容
伝え合う活動 ゲームや役割活動を通じ、コミュニケーション能力や社会性を身につけます。
はぐくむ活動 運動・リズム(音楽)・製作等を通じ、五感を育みます。
わかる・できる活動 教材等を活用し、認知能力を高めます。

5.申込み方法

STEP1

お電話でお問い合わせ

見学・体験・事前相談の日程を確認します。

STEP2

見学・体験・事前相談

クラスの見学(体験参加が可能です)。YMCA児童発達支援あつぎの取り組みをご説明します。

STEP3

受給者証の発行

お住まいの市役所の担当課に連絡をして、受給者証発行の手続きをお願いいたします。

STEP4

契約手続き

YMCA児童発達支援あつぎと利用契約を結びます。(受給者証・印鑑(シャチハタ不可)をご持参ください)

STEP5

利用開始

パンフレット(PDF)

ページトップ