一般事業主行動計画(次世代育成支援)

職員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日〜平成33年3月31日

2.内容

目標1

男性の育児休暇を推進する。パパママ育休制度等の実績をつくり、子育てに男性が参加しやすい環境を整える。

対策

子育てタスク委員会への男性職員の参加を促す。案内は事業所内の電子掲示板などを利用する。


目標2

妊娠中、子育て中の労働者が職場生活と家庭環境を両立できるように、雇用環境の整備を継続する。

  1. 育児休業に関する規定や労働環境について、職員全体へ周知を広める。
  2. 育児休業をしている労働者への情報提供を促進する。
  3. 時短勤務や始終業時間について、状況に応じて労働者の申し出を受け入れる用意をする。

対策

従前から施行してきたことを継続する。

  1. すでに就業規則に定められているので、労務研修会等を逐次開催し、職員への浸透を高めていく。
  2. 定期的に開催される子育てサポートタスクで、様々な情報がオンタイムで労働者に伝わるように、該当者の参加促進を図る。
  3. 家庭環境や個々の抱える状況に応じて、就業規則に規定されている規則以外にも、案件提出等の方法により、労働者の要請を受けいれる可能性を用意している。

ページトップ